テーマ:彫刻

彫刻修理、完了。

昨年来、お預かりしていた神社の彫刻修理が終わり、日光の漆職人さんに届けて参りました。 一年以上にわたり、自社で預かっていたので、なんとなく寂しい気持ちがありますが、ここからは漆と彩色の技術によって、日光東照宮にみられるような煌びやかなお化粧が施されます。 以前に納品していた獅子たちは、すでに下地処理がなされていました。 完…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楠の香りに包まれて。

社寺彫刻についての特別ワークショップを開催しました。 彫刻のデザインや建築意匠から見られる先人の知恵やメッセージを読み取ることができます。新年を迎えるこの時に、画像とともにお話させていただきました。 そして、実際に彫刻刀を手にとって木を削り、香り袋を作っていただきました。 おかげさまで、寄居町はもちろん、深谷や本庄、飯能、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彫刻教室と農業体験。

今日は、都内から4人家族のお客様を迎えて、工房見学と小学生の息子さんたちに彫刻教室を行いました。 暑い日にはなりましたが、自然いっぱいの環境の中、子供たちは彫刻刀を駆使して木と格闘していました。 また、近所の農家の方にお願いして、農作物の収穫を楽しみました。 トウモロコシ、ナス、トマト、枝豆、ちょっとだけブルーベリー・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケヤキの虹梁。

今日は4年に1度しか来ない日ですね。 英語では"leap day"というそうです。 これは、普段だったら前年の同じ日より 1つだけ曜日がずれますが、うるう年の翌年は2つずれるということで、曜日を1つ飛び越えるところからきているそうです。跳躍の日、ということです。 イギリスでは、この日のみ女性から男性へのプロポーズが公認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賞をいただきました。

寒い日が続きますね。 月曜日の雪が、まだ仕事場にどっさり・・・ さらに、溶けたところがツルツルでスタッドレスでも滑り気味。 皆さんのところはいかがですか?足元にはじゅうぶんお気をつけて。 年明けに催されている展覧会に出品した作品が賞をいただきました! 年明け早々、良いスタートがきれました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼板の下地。

だんだん秋が深まってきましたね。 連休中、秩父に行きましたが、イチョウが良い感じになってました。 某お寺様の鬼板です。 屋根棟の両端に見られるものです。 瓦屋根の場合、よく鬼瓦を見かけます。 銅板屋根の場合は画像のような下地を彫ったものに、板金職人さんが銅板をたたいて覆っていきます。 ご存じの通り凹凸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大改造!劇的ビフォーアフター」出演!

今夜19時から放映された「大改造!劇的ビフォーアフター」・・・ 立川談志師匠の旧邸リフォームにあたり、家紋を彫るという仕事に携わらせていただきました。 素晴らしい仕事のご縁をいただけたこと、ちゃんと生活の一部として作品がなじんでいたこと、そして何より施主様をはじめとする皆様の笑顔が見られたことに、心から感謝です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シノギを削る・・

 シノギを削るといえば、日本刀の一部で高くなっているシノギといわれるところが削れ落ちるほど激しく切りあう事から激しく争う様子を表現するとあります。  社寺建築にみられる彫刻の木口など、画像のように先端を山にしてとがらせる部分をシノギと言います。 意味合いは違いますが、この「シノギを削る」のも結構手間のかかる作業で、ケヤキなど堅木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マタギは又鬼

昨夜、日本の世界遺産を巡る番組がありました。 その中で、白神山地を地元のマタギの方と共に山中を歩いていました。 マタギとは、冬になると数日間山中に入ってクマなどの狩りを行うことで知られています。 漢字で書くと‘鬼’の字がありますが、自然に対し畏敬の念を忘れず、狩りをするときだけは心を鬼にして命をいただくんだ・・・と話されており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山車の幕板彫刻。

先日の埼玉県インテリアコーディネーター協会での研修会、実は弊社にもお立ち寄りいただきました。 その際、龍の彫刻や、プレキャストコンクリート製品などご覧いただきましたが、ちょうど進行中だった製品が以下のものです。 山車の幕板彫刻です。 材質は楠。 お越しいただいた時は粗彫りから仕上げにかかる段階でしたが・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more