テーマ:コンクリート製品

上棟式

今日は、松戸市にある神社の上棟式でした。 雨も心配される天候でしたが、無事に工匠式も終わり、これから竣工に向けていきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンクリートルーバー

昨日の投稿の続きです。 建物正面に、縦に並べてルーバーとなりました。 杉目調で、あえて時代を感じさせるコンクリート打放しの雰囲気を出すデザインでした。 長さは、おおよそ4m以上。 なかなか壮観です!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神無月。

十月には神さまがみな出雲へ集まり、各地にはいなくなるので神無月、そして出雲に神々が集まるから出雲地方では10月が神在月と呼ばれる・・・と言われますね。  本当は無というのは水無月と同じく「の」で「神の月」という事だそうです。 先月は雨が多くて天候が安定しませんでしたが、今月はどうなるでしょうかね。 残すところ2016年もあと3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペリー来航を見守った神社と鳥居。

 今日は、ペリー上陸記念日だそうです。 1853年(嘉永6年)にアメリカの4隻の黒船艦隊が江戸湾の浦賀沖に現れ、ペリー提督が久里浜に上陸して将軍への親書を渡したおあります。 大河ドラマ「龍馬伝」で黒船を見たシーンがありましたが、ホントに驚かれたでしょうね!今まで見たことのないような船が現れるのですから・・・ そんな出来事を目の当た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなどるなかれ、鳥居。

黄金比ってご存知ですか? 近似値は1:1.618、約5:8の比率となり、人間にとって最も安定し、美しい比率とされるものです。 また、人体を黄金比で分割して建築デザインのための寸法基準をモデュロールと言い、フランスの建築家ル・コルビュジェによって考案されました。 他にもルート長方形というものがあって、特に√2長方形はコピー用紙な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥居の設置

先日、横須賀市の神社様の鳥居設置に伺いました。 海に面した鳥居は、おおよそ高さ7m。今までヒノキの鳥居がありましたが根元が傷んでしまい、コンクリートで製作することとなりました。 日本人は、岩や山など自然そのものを神としてあがめ、そこに縄を張ってお祀りし、大切にしてきました。 その縄の代わりに二本の柱をつなぐものが横木となり、鳥居…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お地蔵さんの傘~Look back at 2014

お地蔵さんが雨ざらしになってかわいそうなので、傘をかけられないか・・・というご相談を受けました。 光背をイメージしたデザインで、GRC(ガラス繊維を練り込んだコンクリート製品)で製作・設置しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妻の完成例

打ち合わせのため、狭山市へと車を走らせました。 数年前に懸魚を取付けた現場に立ち寄ってみました。 白を基調としたシンプルな仕上がりで、彫刻が引き立っていると思います。 ↓↓詳しくはこちら↓↓↓ 有限会社 豊田彫刻工房
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

垂木PC

2/4付の記事に紹介しました懸魚と同じ現場の画像です。 垂木 軒下に、規則正しく配列された材を垂木と言います。 軒の大きさや建築様式によって割付や形状も変化します。 また寺院建築では軒反り(軒の端が反りあがる曲線)があり、隅木から垂木がでるので、プレキャスト・コンクリートで製作する場合は垂木の長さ、勾配、木口の形状を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PC懸魚の取付

今日は立春ですね。 昨日は家庭でにわか鬼になった方もおられると思いますが、一年の厄をお祓いする意味で豆をまくと言われています。 というわけで、「立春」は旧暦では一年の始まり。 改めて頑張っていきましょう! 先日、製作したプレキャストコンクリート製の懸魚を取り付けてきました。 屋根の破風に溶接で固定します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレキャストコンクリート製懸魚。

破風の接点、切妻の三角形の頂点部分に付く彫刻があります。 これを懸魚(げぎょ)と言います。 PC懸魚 その形によって呼び名が変わります。 社寺建築における部位の名前は、火難除けの意味合いもあり、水にちなんだものが多いのも事実です。 たとえば、懸魚の中央部や長押などに見られる六葉(ろくよう)。 六角形をしていますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンクリートを作るのは・・・人。

「風を破る」と書いて、破風(はふ)。 屋根の切妻部分にある人字型の板の事を言います。 破風 RC造の建築が増えていますが、社寺という特別な建築でいかに表現できるかが大切になってきます。 破風は型枠大工さんが製作することもありますが、軽量化を図るためにGRC(ガラス繊維補強セメント)を使用しています。 この素材だと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社寺建築のビフォーアフター

今年、夏前に携わった足立区のお寺さんです。 RC造で、垂木や破風、本堂周りの彫刻一式をおさめました。 中でも大物は、虹梁関係でしょう。 おおよそ4mほどの虹梁ですが、軽量化してあるため、二人で持ち上げることができます。 海老虹梁に関しては、足場が邪魔になったため、ある程度の作業が終了してから手作業で取り付けま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PC製の隅木

お寺の隅木です。 コンクリート製ではありますが、GRCを使用していますので、かなり軽量です。 従来だと、おそらく1t近い重量になると思われますが、現状3人で運ぶことができます。 躯体にかかる負荷も、かなり軽減されます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国分寺・八幡神社

国分寺駅から、徒歩5分程度のところにある八幡神社です。 浜縁周りはコンクリートで、その高欄製作を行いました。 取り付けた後の雰囲気はこんな感じですが、現在は・・・ 額も弊社で、作成致しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本橋・水天宮

お腹の大きくなった(とは言ってもメタボではなく・・)妊婦さんに、水天宮の腹巻「鈴之緒」を巻くと安産になると言われています。 毎月5日の日と戌の日は、安産祈願に訪れる参詣者で特に賑わっているようです。 その水天宮・ご社殿の改修工事が行われています。(施工:松井建設株式会社) 以前はこのような形態でしたが、以下のように改修されま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンクリートの木鼻

近年、消防法などの関係で、コンクリートを使ったRC構造の寺院も珍しくなくなりました。 そのような場合でも先人の伝統技術が活かされています。 この画像に見られる木鼻はGRC(グラスコンクリート)製で、内部は空洞になっており、見かけよりもかなり軽くなっています。 きれいに塗装を手がければ、なくてはならない寺院の一部に変身で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンクリートのお寺

神社やお寺の建物って、木造のイメージがありませんか? とはいえ、コンクリート造りの建築物もよく目にしているはず・・・ これは、法律によって木造の建物が建てられない場所にある、などの条件もあります。もちろん、そればかりではありませんが、そんなときには彫刻もコンクリート製品を用います。 画像は、蟇股の彫刻ですが、コンク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more