テーマ:修理

彫刻修理、完了。

昨年来、お預かりしていた神社の彫刻修理が終わり、日光の漆職人さんに届けて参りました。 一年以上にわたり、自社で預かっていたので、なんとなく寂しい気持ちがありますが、ここからは漆と彩色の技術によって、日光東照宮にみられるような煌びやかなお化粧が施されます。 以前に納品していた獅子たちは、すでに下地処理がなされていました。 完…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彫刻修理

先日、日光まで行ってきました。 お預かりしていた彫刻修理の懸魚を漆屋さんにお渡ししました。 これから彩色が加わり、仕上がっていきます。 どのように変わるのか、とても楽しみです!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うちわ祭り

熊谷の山車庫に来ています。 もすぐうちわ祭りですね。 本番が楽しみです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海の記念日と明治丸。

 7月20日。  今は、7月の第3月曜日が海の日ということで祝日になりましたが、もともとは20日が旗日でしたよね。 1996年(平成8年)から施行され、2003年(平成15年)の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)により現行のようになったみたいですから、もう10年以上も前の話になるんですね。 時が経つのは早い!(笑)  海の記念日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛宕神社。

 今日から6月ですね。 衣替えということもあって、通学の学生たちが身軽になった感じもします。 江戸時代は幕府の決めた正式な行事だったらしく、4月1日になると綿入れを脱いだそうです。「四月一日」と書いて「わたぬき」と読む方がいらっしぃますが、衣替えが由来のようですよ。 さて、毎月1日と15日は神様の日です。 神棚のお供えを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文化財保護法公布記念日

久しぶりの雨となりました。 午前中で上がる予報でしたが、まだチラチラ降っているし意外と長引きましたね。 まもなく梅雨・・・という季節を感じさせる日でした。 今日は「文化財保護法公布記念日」だそうです。 1950年(昭和25年)に「文化財保護法」が公布されたのを記念したものです。 文化財修理に携わることも多々あります。 現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山岡鉄舟直筆の銘板

日が短くなってきましたね。 群馬県・安中小学校の校名板の補修作業をまとめてみました。 クリーニングを終えてから、従来と同じようにニカワにて色付けしました。 明治期につくられたもので、剣豪・書家として知られる山岡鉄舟直筆のものだということです。 落款も「鉄舟」と彫られています。 展示という形ではありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山車の改修工事~Look back at 2014

うちわ祭りで有名な山車の改修工事が7月の本番前に完成しました。 漆塗り替えや錺金物のメッキ直しなどメインに、3台目も無事におさまりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍の蟇股・小石川後楽園~Look back at 2014

東京・小石川後楽園内にある得仁堂・・・ 蟇股彫刻のひとつが、地震もしくは台風など何かの原因で落下してしまいました。 今回、蟇股の全体部分は破損部分を修理して使用し、中央の龍に関しては新しく作り、現存のものは宝物として保管することになりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山車の彩色。

とある山車の改修に携わっております。 昨年夏に勾欄等を解体して、漆の塗り替え作業が主だったところですが、錺金物の直しや彫刻の欠けた部分を補修するなど、ほとんど完成に近づいています。 現在、正面にある彩色を施しています。 今は下地を塗ったところですが、これから色を付けていきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荘厳・・熊谷うちわ祭

熊谷うちわ祭に出かけてきました。 250年あまりの伝統を受け継ぐ、関東一の祇園といわれる大祭です。 昨年まで山車の修繕に携わらせていただいた筑波区の山車です。 「あついぞ!熊谷」の通り、猛暑が続きます。 心も身体も熱い夜が更けていきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事初め

今週半ばから、トラ年の仕事を始動しました。 まずは、地元小学校の看板のメンテナンス・・・。 小学校正門 体育館看板 実はこの看板、12年前にPTAの方から依頼をされ、私が彫ったものです。 思い起こせば、唯一の失敗は、仕上げに漆を使用したこと・・・。 漆は素晴らしい塗料であり、年数を経て行くとますます味わい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍の8つの頭。

江戸後期の作品と思われる彫刻修理を、先日納めてきました。 神社本殿の彫刻が落下し、一部破損してしまったものです。 図柄は、ヤマタノオロチとスサノオノミコトの神話を一枚のケヤキ板に表現した作品です。 図面に直すと、こんな感じ・・・。 それにしても、先人の技と英知を改めて感じました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more